字がヘタな人が知らない「ひらがな書き」の超テク

似た形ごとに練習していくとてきめんに上達する

◎折れて広い角度を作る「く」と「へ」
(出所)『誰でも確実に美文字になる るいとも練習法』(草思社)

次は「く」と「へ」です。

この2つの字は、折れて、広い角度を作るところが似ています。

たぶん皆さんが普段書いている字より、かなり広く角度を開けるほうが、広々とした気持ちのよい字になるでしょう。

悪い例のように、角度が狭いと、窮屈な印象の字になってしまうので気をつけましょう。

特に「へ」は、書き出しが上に向かっていると、どうしても角度が狭くなるので、右ナナメ上にスタートするのがポイント。最終的な形はヨコ長の四角におさまるイメージです。「へ」はヨコ長の形としっかり覚えてください。

長さにも気をつけましょう。「く」は、折れる前と後がだいたい同じ長さですが、「へ」は、1対2ぐらいにするときれいです。

今、自分は何に気をつけたらいいのかな、と意識しながら練習すると、上達が早く、お手本がなくてもしっかり書けるようになりますよ。

このように、ひらがなは似た仲間どうしで練習していきます。

◎なんと80%の人が間違えている!? 「ち」と「ら」
(出所)『誰でも確実に美文字になる るいとも練習法』(草思社)

1画ではない字の例も紹介しましょう。

次は、教室にいらっしゃる生徒さんの、じつに80%以上がまちがった形で書いている「ち」と「ら」です。

もしかして、あなたも「悪い例」のようにまちがって書いていませんか?

『誰でも確実に美文字になる るいとも練習法』(草思社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

なかでも特に多いのが、タテ線が短く、次のカーブをよっこらしょと、上に持ち上げてまん丸くしている書き方です。これ、残念ながら、とても子供っぽい字に見えますよ。

ひらがなを書くときはいつも、その字が全体的にどんな形なのかを意識して書くようにしましょう。「ち」も「ら」も、全体の形はタテ長だ、と意識していれば、少なくとも、丸っこい形には書かないはずです。

この2つの字のるいともポイントは、「ち」も「ら」も、タテの線を長くするということ!  このときタテの線を少し左にふくらむようにしならせるときれいです。

次に、カーブは、大きく回らずに、右に向かって小さくまとめる(「つ」に似た形となります)のもポイントです。

じつは似ている「ち」と「ら」。 すっきりと大人っぽい字を目指しましょう。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT