アリババ、米でのIPOは9月8日の週か

調達額は200億ドル超えの見通し

 8月30日、中国の電子商取引会社、アリババ・グループ・ホールディングは、米国で計画している新規株式公開(IPO)を9月8日の週に開始する予定。2012年6月撮影(2014年 ロイター/Carlos Barria)

[香港 30日 ロイター] - 中国の電子商取引会社、アリババ・グループ・ホールディングは、米国で計画している新規株式公開(IPO)を9月8日の週に開始する予定。関係筋が30日、ロイターに対して明らかにした。

アリババの調達額は、200億ドルを超えると見られており、米市場へのハイテク企業の上場としては過去最大規模になる可能性がある。

関係筋によると、現在はまだ米証券取引委員会(SEC)の最終承認を待っている段階。IPO開始のタイミングはなお流動的、という。

ロイターの取材に対して、アリババの広報はコメントを拒否した。

一方、米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙は、関係者の話として、SECとの協議は来週完了する見込み、と報じている。

人気記事
トピックボードAD
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。