アリババ、米でのIPOは9月8日の週か

調達額は200億ドル超えの見通し

 8月30日、中国の電子商取引会社、アリババ・グループ・ホールディングは、米国で計画している新規株式公開(IPO)を9月8日の週に開始する予定。2012年6月撮影(2014年 ロイター/Carlos Barria)

[香港 30日 ロイター] - 中国の電子商取引会社、アリババ・グループ・ホールディングは、米国で計画している新規株式公開(IPO)を9月8日の週に開始する予定。関係筋が30日、ロイターに対して明らかにした。

アリババの調達額は、200億ドルを超えると見られており、米市場へのハイテク企業の上場としては過去最大規模になる可能性がある。

関係筋によると、現在はまだ米証券取引委員会(SEC)の最終承認を待っている段階。IPO開始のタイミングはなお流動的、という。

ロイターの取材に対して、アリババの広報はコメントを拒否した。

一方、米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙は、関係者の話として、SECとの協議は来週完了する見込み、と報じている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • シリコンバレー起業日記
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スタバvs.コメダ<br>知られざるコーヒー頂上決戦

米国シアトル発でスタイリッシュなスターバックスコーヒーと、名古屋発で庶民的なコメダ珈琲店。多様化する国内カフェ市場では「振り切った戦略」でないと生き残れない。対照的な両チェーンの戦略の違いを検証する。