アリババ、米でのIPOは9月8日の週か

調達額は200億ドル超えの見通し

 8月30日、中国の電子商取引会社、アリババ・グループ・ホールディングは、米国で計画している新規株式公開(IPO)を9月8日の週に開始する予定。2012年6月撮影(2014年 ロイター/Carlos Barria)

[香港 30日 ロイター] - 中国の電子商取引会社、アリババ・グループ・ホールディングは、米国で計画している新規株式公開(IPO)を9月8日の週に開始する予定。関係筋が30日、ロイターに対して明らかにした。

アリババの調達額は、200億ドルを超えると見られており、米市場へのハイテク企業の上場としては過去最大規模になる可能性がある。

関係筋によると、現在はまだ米証券取引委員会(SEC)の最終承認を待っている段階。IPO開始のタイミングはなお流動的、という。

ロイターの取材に対して、アリババの広報はコメントを拒否した。

一方、米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙は、関係者の話として、SECとの協議は来週完了する見込み、と報じている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。