元日本代表・石川直宏が「農業」にのめり込むワケ

サッカーと農業の意外な「共通点」とは何か

2000年、横浜 F・マリノスでプロサッカー選手としてデビューした石川直宏さん。そんな彼はいま、長野県で”農場長見習い”をしている(写真:PLAYMAKER)
この記事の画像を見る(5枚)

2021年8月末日、元サッカー日本代表の石川直宏さん(40)は長野県上水内郡飯綱町にいた。この日はクラウドファンディングの支援者たちとのイベント。農園で採れたトウモロコシを皆でほうばっていた。

「甘い!おいしい!」

トウモロコシを口にした瞬間、皆一様に笑顔になる。その笑顔を見て、石川さんも自然と顔がほころんだ。支援者が手にしているトウモロコシは、彼が土起こしから収穫まで手がけた自信作だ。

イベント中にトウモロコシの育て方を問われると、石川さんは実の成り立ちから熱心に語り始める。かつてスタジアムを沸かせたスピードスターのその姿に、驚きの目を向ける人もいた。

2000年、横浜 F・マリノスでプロサッカー選手としてデビューした石川さん。2002年にFC東京に移籍すると、2003年に日本代表に初選出。2004年にはアテネ五輪代表としても戦った。2017年に現役引退するまで、日本のトッププレイヤーとして走り続けてきた男である。

そんな彼がいま、長野県で”農場長見習い”をしている。

「化けてみる」プロジェクト

石川さんが手がけているのは、飯綱町にある「NAO's FARM」という農園。アスリートのキャリア開発などを行うPLAYMAKERの農業プロジェクト「お化けむら」の一環で管理・運営をしている。

石川さんは、「自分の中で”つなぐ”という言葉をキーワードにしています」と話してくれた(写真:PLAYMAKER)

「お化けむら」は、アスリートなどが地域の地場産業に携わり、これまでと異なるキャリアに「化ける」ためのプロジェクト。発起人は、PLAYMAKERの代表取締役であり、自身もプロサッカー選手としてキャリアを歩んだ三橋亮太さん(34)だ。

「アスリートのように一芸を極めた人たちは、人々に勇気や感動を与え、社会や地域に活力をもたらす存在です。でも、キャリアシフトするときに苦労する人が多い。その理由のひとつとして『ほかの仕事を知る機会が少ない』ことがあげられます。だから、そういう人たちが違うキャリアに『化ける』ことをコンセプトにしました」(三橋さん)

同社では、サッカープレイヤーとクラブチームをつなぐ日本初の会員制ポータルサイト「PLAYMAKER」の運営も行っている。そのサイトに以前から興味を持っていたのが石川さんだ。

次ページ価値観を共有する場が「農業」だった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT