ダイドーが『呪術廻戦』で狙う缶コーヒー復権

『鬼滅の刃』缶の異次元ヒットを再現できるか

缶コーヒー「ダイドーブレンド」のアニメとのコラボ第2弾は『呪術廻戦』。「鬼滅缶」のヒットを再現できるか。(写真:記者撮影、ⓒ芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会)

ダイドードリンコは10月4日、テレビアニメ『呪術廻戦』とコラボした缶コーヒーを発売した。「ダイドーブレンドコーヒーオリジナル」をはじめとする3商品のパッケージに、『呪術廻戦』に登場するキャラクターをデザインしている。販売期間は2022年春までの予定だ。

『呪術廻戦』コラボ缶コーヒーは20~30代の男性をターゲットとする(写真:記者撮影)

アニメ『呪術廻戦』の原作は、週刊少年ジャンプで連載中の漫画作品。高校生の主人公が呪いを駆使し、「呪霊」と呼ばれる呪いの化け物と闘うダークファンタジーだ。シリーズ累計発行部数は5500万部を超える(10月時点)。昨年10月にアニメ化され、今年12月には映画が公開される。今回のコラボ企画は、昨年末にダイドー社内の企画チームで提案され、決定されたという。

「鬼滅缶」は1億円超えのヒット

ダイドーはこれまでも清涼飲料水などで『名探偵コナン』など複数のアニメとのコラボ商品を発売してきた。だが、1975年の創業時から販売する看板商品の「ダイドーブレンド」で、パッケージデザインにアニメキャラクターをデザインするなど本格的なコラボを行ったのは、昨年が初めてだった。

その第1弾となったのがアニメ『鬼滅の刃』とのコラボ缶だ。2020年始めからアニメ、原作漫画がともに話題となる中、昨年10月に発売。劇場版アニメの公開時期と発売時期が重なったことが幸いし、発売から3週間で5000万本を売り上げた。現在までの販売本数は1億本を超え、文句なしの大ヒットとなった。

一般的に、缶コーヒーは原材料にかかるコストが低く、一定規模以上売れると利益が大きく伸びる「ドル箱」商品だ。「鬼滅缶」のヒットを受け、ダイドーグループホールディングス(HD)の2021年1月期の営業利益は、期初に見込んでいた23億円を大きく上回る56億円(前期比93.6%増)となった。

ダイドーグループHDの髙松富也社長は、「想定していなかった反響」としたうえで、40〜50代がメインの愛飲者である缶コーヒーにおいて、これまで接点がなかった子どもや女性にもリーチできたことを評価。「コラボ効果が残っているうちに次の一手を打ちたい」と語っていた。

次ページ「呪術缶」でもう一度ヒットを生めるか
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT