「70歳で再婚した父」の急死でこじれた相続の結末

漫画「家栽の人」(第4集・スイセン)

ある家族の遺産分割調停では、後妻と生まれてくる子どもにも相続権があり家族からは疎まれていて──

植物をこよなく愛する家庭裁判所の判事・桑田義雄。

『家栽の人(1)』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

将来を嘱望されるエリートでありながら出世にまったく興味を示さない異色判事の人生哲学とはーー?

TVドラマ(主演:船越英一郎)でも話題の不朽の名作『家栽の人』(小学館)より一部抜粋してお届けします。

この記事の漫画を読む(27ページ)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT