ルポ 差別と貧困の外国人労働者 安田浩一著

ルポ 差別と貧困の外国人労働者 安田浩一著

本書に報告されている外国人の労働環境は、あまりにも過酷である。

研修生とは名ばかりの単純労働を強いられ、基本給は月5万~6万円。残業時給は300円。休みは月に1日。逃亡を防ぐために給与の大半は強制的に貯金させられ、パスポートも取りあげられる。こうした例がほとんどである。

米国国務省は、日本の研修制度は「人身売買に等しい」と指摘。それはつまり、日本が外国人を社会の一員として認めていない証しであり、民度の低さの象徴ともいえる。

世界第二の経済大国である日本を、こうした外国人労働者たちが底辺で支えている現実に向き合うことなく、この国の「改革」などあり得ないと著者は力説する。

光文社新書 903円

  

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT