仕事選びに迷ったら意識したいたった1つのこと

俳人・夏井いつきさんが説く「進路と仕事」

俳人・夏井いつきさん「仕事選びに迷ったら、耐えやすいことを選択なさい」(写真:Woman type編集部)
この記事の画像を見る(5枚)

バラエティー番組『プレバト!!』(TBS系)などのテレビ番組でおなじみの、俳人・夏井いつきさん。30代半ばで俳句の世界に進み、その後の30年は「言葉の力」を伝え、広げていくことに尽力してきた。

本記事はWoman type(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です。元記事はこちら

20代の頃に教師をしていた夏井さんは、「俳人になったきっかけは、教師の仕事を辞めるときの言い訳だったんですよ」と笑顔を見せる。

「志した」わけではなかった俳人という職業。ではなぜ、ここまで長く続けてこられたのだろうか。夏井さんが考える、俳人として働く意義とあわせて聞いた。

収入を得られる見込みもないまま俳人の道へ

よく「なぜ今の仕事を志したのか」と聞かれるのですが、私は俳人を志したことはありません。

俳人になる前に就いていた中学校の教員は「志した」と言えますが、俳人は「志した」わけではないんです。

学生時代に学校の先生を志し、卒業後にかなったものの、30代半ばに家の事情で辞めざるをえなくなりました。そのとき、校長先生に辞める理由を言う必要があったのですが、見えを張って「俳人になります」と言ってしまったんですよ。

言い放ってしまったからには「やっぱり止めます」と言うのもカッコ悪い。ただそれだけの理由で俳人の道に進みました。

とはいえ、俳句を専業にしている人は日本全国でも数人しかおらず、どうすれば俳句を仕事にできるのか、俳人と呼ばれるようになれるのか、まったくわかりませんでした。

「歌が好きだから歌手になる」「野球が好きだからプロ野球選手になる」くらいの勢いで、俳人としてお金をいただく道筋も手立てもないままに、俳人になることを決めてしまいました。

(写真:Woman type編集部)

ただ1つ運がよかったのは、明治以降に多くの俳人を輩出してきた俳句の都・愛媛県松山にたまたま住んでいたこと。

当時は今以上に「俳句は年寄りの娯楽」という世間の思い込みがありましたので、その中で30代半ばの人間が俳句をやっているだけで、珍しがられ、実力以上にチャンスに恵まれたんですね。

次ページ「俳句の種まき」活動にもつながっている考え方
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT