仕事選びに迷ったら意識したいたった1つのこと

俳人・夏井いつきさんが説く「進路と仕事」

昔から、「仕事に生きがいを持とう」「楽しめることを仕事にしよう」といったメッセージをよく耳にします。しかし、最初から「こうなりたい」と志を持ち、そこを目指すことのできる人のほうがまれなのではないでしょうか。

今考えてみると、私が教員時代にやってきた進路指導なんて、うそっぱちだったなと思うんです。

一番上に目指す職業があり、そこから進むべき大学や資格、さらには高校と目標を落としていく指導をしていたのですが、その時点で明確な将来の目標を持っている子はほとんどいませんでした。

本当の意味での生きがいは自然と出てくる

それは高校生も大学生も変わらないはず。

なぜなら、本当の意味での「生きがい」や「楽しさ」は、長く働き続けていく中で、自然と体に寄り添うようにポコッと出てくるものだから。

ですから、仕事は長く続けられることがまず大事。そのためには、耐えやすいことを選択するのが一番のポイントだと思います。

私にとっては「子どもたちを相手に何かを教えること」「俳句に興味のない人たちに向けて魅力を伝えていくこと」「テレビや講演で人前に立つこと」は、耐えやすいことでした。

誰かにとっては「よくそんなことできるね」ということでも私には耐えやすい、凌ぎやすいから続いているんです。

(写真:Woman type編集部)

長く耐えていると、少しずつ仕事ができるようになってきます。できるようになってくると、仕事や働くことの面白みがわかり出してくる。もう少し続けられそうな気がしてきます。

そうやって続けていくと、今度は誰かから感謝されたり認められたりする。そこで初めて「生きがい」や「楽しさ」が手に入ります。

ですから、まずは耐えやすいことを選択し、長く続けてみてください。すると、自分のどこかにそっと「生きがい」や「楽しさ」が寄り添ってくるはずです。私にとっての「俳句」がそうであったように。

(取材・文/阿部裕華 撮影/洞澤 佐智子〈CROSSOVER〉)

夏井いつきさん/俳人
1957年生まれ。俳句集団「いつき組」組長。創作活動に加え、TBS系『プレバト!!』俳句コーナー出演などテレビ、ラジオでも活躍している。『夏井いつきの世界一わかりやすい俳句の授業(PHP研究所)』など著書多数。■TwitterYouTube
 
Woman typeの関連記事
【かほなん】副業するより「好きなこと」一本で。チャンネル登録者数40万人超えのYouTube配信者・さばいどるを生んだ“捨てる勇気”
DeNA南場智子「キャリアの寄り道」安心してできる社会へ。“優等生をやめる時”がきている【剛力彩芽】未来を案じるより「ワクワクする気持ち」に素直に。“キャリアの安全圏”抜け出し掴んだ自分らしい生き方
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT