ユーロ各国にはギリシャ支援以外に選択余地ない--フランス駐日大使 フィリップ・フォール


--金融政策は一つでも財政政策はバラバラなことがユーロ危機の根本原因ですが、今後、財政・租税統合などを通じて参加各国への強制力をどこまで持ちうるのか疑問です。

個人的には楽観しています。各国の議会や世論レベルでの反発はあると思いますが、全体的には欧州の経済的なガバナンスを強める方向へと傾くでしょう。今回の危機はガバナンスの必要性を確認するきっかけになった。好むと好まざるとにかかわらず、そうしなければならないという道筋が示されました。われわれに選択の余地はありません。そして、問題解決の方法を見つける際には、ベルリンとパリの軸が防波堤になるでしょう。

(ミッテラン元大統領の特別補佐官を務めた)著名なエコノミストのジャック・アタリ氏は「EUを前進させるためには、危機が勃発し、その解決策を見いだすこと、つまり危機自体がよいソリューションをもたらす」と話していました。

実際、08年の経済危機に直面したことで、EU加盟27カ国、あるいはそのうちのユーロ参加16カ国が団結すればそれぞれの国が持つ以上の力を発揮できることを証明し、理解しました。危機には「美徳」という側面もあるのです。

(聞き手:松崎泰弘・週刊東洋経済副編集長 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2010年7月10日号)

Philippe Faure
1950年生まれ。在ワシントン仏大使館駐在等を経て保険会社Cecar共同社長、レストランガイドのゴー・エ・ミヨー社長等。その後、駐メキシコ大使など歴任。2008年2月から駐日フランス特命全権大使。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT