地下鉄新線「豊住線」東京メトロにもう一つの利点

利用者の利便性だけでなく運行、保守にも貢献

新木場にある東京メトロの車両基地。手前は有楽町線・副都心線用の新型車両17000系(写真:尾形文繁)

豊住線という路線を聞いたことはあるだろうか。「豊住」とは有楽町線の豊洲駅の「豊」と半蔵門線の住吉駅の「住」と組み合わせたものだ。豊住線とは、豊洲と住吉を結ぶ計画路線である。厳密には路線名は決定されておらず、「有楽町支線」または「東京8号支線」とも呼ばれている。

計画では豊洲駅から分岐して、四ツ目通りの下を北上し、半蔵門線の住吉駅に至るルートで、両端駅とも構造自体は、延伸したトンネルが接続できるようスペースを確保している。ただ、東京メトロとしては、「副都心線を最後として、今後は新線建設を行わない方針」としており、8号線については、「整備主体となることは極めて困難」と言及している。つまり、同社が積極的に豊住線の建設を進めているわけではない。

江東区の考えは?

積極的に計画を推進しているのは地元の江東区などで、東京都を介して、豊住線の建設を熱望している。本年7月にとりまとめられた交通政策審議会答申第371号の話も含めて、江東区・地下鉄8号線事業推進の担当者に今後の具体的なスケジュールについて話を聞いたところ、以下のような回答があった。

豊洲ー住吉間延伸事業の位置関係(画像:国土交通省「東京圏における今後の地下鉄ネットワークのあり方等について(答申)」

「事業としては7月に出た答申や東京メトロの有価証券報告書などを見る限り、東京メトロがどんなタイミングで、具体的に事業に入っていくか?という部分だと思われます。8月に国土交通省の概算要求が公表されました。そこで8号線の補助金についても予算要求して、概算要求の中に入りました。そのため、来年度には補助金の対象となる具体的な事業(設計や環境アセスメントなど)のスケジュールが事業として進んでいくのではないかと、区としては思っています」

江東区は、区の役割として地区の街づくりを進めている。今年度、都市計画マスタープランの改定を行っており、その中で、新駅となるエリアや沿線の街づくりを都市計画マスタープランの中から検討し、次年度以降については、街づくりをより深めていくという。

次ページ建設費用はどうする?
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT