豊かな人生を遠ざける「稼いだ金は自分に」の思考

何の目的もなくお金を貯めている人も要注意

佐藤:まず、歴史的なお話をしましょう。アダム・スミスが生きていた18世紀において、ヨーロッパの国々は「重商主義」と呼ばれる経済政策をとっていました。

シマオ:重商主義?

佐藤:要は、輸出によって世界中から金や銀、それに基づく貨幣を集め、それこそが国家にとっての「富」だと考えていたのです。スミスはそれを批判しました。「富」というのはそうした貴金属のことではなく、人間の労働から生まれるものであるというのが、スミスの考えです。これを労働価値説と呼びます。つまり、国民の労働で生産される必需品こそが富であり、市場によって生産性を上げることが、国を豊かにすることに繋がる、ということです。

シマオ:お金そのものよりも、国民の生活のほうが大事ということですね。 

1人でパンを作るのはたいへんだが…

佐藤:生産性を高めるためには、「分業」が必要であると考えたのもアダム・スミスでした。例えば、パンを作るのに、1人の人が小麦を育てるところから、生地をこねて焼くまでをすべてやるとしたら、かなり大変ですよね。

シマオ:小麦を育てるのは農家に任せたほうがよいですよね。

『仕事に悩む君へ はたらく哲学』(マガジンハウス)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

佐藤:その通りです。ですから、1つの商品を作る過程をいくつかに分けて、それぞれ得意な人がやったほうが、生産性が向上するとスミスは考えました。

シマオ:僕も、得意なことだけやってられたら楽なのに……。じゃあ、得意な人に得意なことを割り振る作業を、誰かがしてくれればいいですね。

佐藤:ところが、スミスはそう考えませんでした。それが先ほど「見えざる手」とスミスが呼んだ市場の働きです。個人が自分の利益を追求して勝手に行動していれば、市場の働きを通して、結果的に生産性は最大化される、というのがスミスの提唱したことです。そこには、国家の管理などは必要ありません。これが、「自由放任主義」と呼ばれる考え方で、現代の自由主義経済の理念の基本ともなっています。

シマオ:現代の弱肉強食の資本主義社会は、アダム・スミスさんの言うとおりになったということですね。

佐藤:ただ、スミスは弱肉強食の社会でいいと考えていたわけではありません。彼は、『道徳感情論』という本の中で、人間には「共感」する心があり、それが道徳や規範を生み出していると述べています。市場の働きによって、お金持ちと貧しい人の間での「富の再分配」が行われると考えていたようです。もちろん、実際はそう単純ではありませんが、ある程度は正しい考え方だと思います。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT