中国で怒濤の攻勢、TPR(帝国ピストンリング)が開けた風穴

拡大
縮小


 また「現地の生産コストの3割は人件費」(TPR)と、同じ自動車部品でも、ピストンリングは労務費の占める割合が高い。中国では人民元弾力化、金利引き締めなど、景気失速の懸念材料も台頭しつつある。

「他社だったら石橋をたたいて渡るが、ウチは自分からどんどん飛び出し、何でもやらなければ」と、平出功・TPR会長兼社長は強気だ。中国市場での地場メーカー開拓に挑戦した逆張りの発想は、ピストンリングという“最高の武器”で同社を引き上げた。市場がいずれ成熟化し、ライバルも巻き返す今後こそ、その真価が問われる。

◆業績予想、会社概要はこちら

(松浦 大 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2010年7月3日号)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT