「人流」依存のコロナ分析・政策に限界がある理由

ある程度相関関係あっても全てが因果関係にない

ここでの重要なポイントは、相関の強いデータでも実効再生産数の変動の約4割を説明できないという点である。具体的なイメージを持ってもらうために図2では(1)人流データから予測される実効再生産数と実現値、(2)人流データを使った新規感染者数予測値と実現値と比較している。基本的なパターンは捉えているが、毎期毎期説明できない部分も大きいことが読み取れる。2週間先の新規感染者数予測が1,000人以上実現値と乖離することもある。

図2

従って、今後の見通しを立てたり政策分析をしたりする際には、人流データだけでは実効再生産数変動のすべては説明できないこと、またその感染者数予測値は短期の予測でも実現値と大きく乖離しうることを頭の片隅に置き、人流データに依存した分析だけを参考にして政策決定・意見形成をすることには慎重になる必要がある。

相関関係の安定性

次のポイントは、実効再生産数と相関の強いデータでもその相関関係は必ずしも安定していない、という点である。

この点を理解するために、上記した実効再生産数と相関関係の強い3つのデータを丁寧に見ていこう。図1では2020年3月から2021年9月までの相関関係を眺めたが、図3では2020年10月からスタートして「その時点における最近(過去3カ月)の相関関係がどのように推移したか」を示している。

平均して高い相関関係だが、時期によって相関は0.4位まで下がっていることが読み取れる。別の言い方をすると、いかに実効再生産数と相関関係が高いデータでも、数週間にわたってその相関関係が大きく弱まることがありうる、ということである。

図3

このように、その相関が不安定であることも、人流データに基づいた分析のみに依存すべきではない理由である。

次ページ相関関係は必ずしも因果関係を意味しない
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT