高額でも人気、鉄道イベント「有料化」は広がるか

マニアックな内容でファン増やし、利益も生む

2020年12月に開催した「東武プレミアムファンツアー」の様子。参加者たちはSLの重連運転を楽しんだ(筆者撮影)
この記事の画像を見る(3枚)

JR東日本横浜支社は9月2日、2つの鉄道イベントの開催を発表した。車両基地内の見学や撮影会の参加者を募集するものだったが、その内容に多くの鉄道ファンが注目した。

JRE MALL横浜支社 販売第1弾!
「発見!車両センターの仕事をのぞいてみよう!in鎌倉車両センター」「相模線新旧車両撮影会in国府津車両センター」を販売いたします!!

注目を集めたのは中身もさることながら「販売」という点だ。価格は鎌倉車両センターのイベントが1組(親子2人)1万3500円、国府津車両センターのほうは8000円と、けっこうなお値段である。

値段は張るが人気呼び完売

鎌倉車両センターでのイベント内容は洗浄車両への乗車体験、運転台操作・検査体験、車両ジャッキアップ見学、車両撮影会とオリジナル缶バッジの作成、パンタグラフの検査体験と盛りだくさん。対象は3歳以上12歳以下の子どもと保護者の親子2人1組で、午前の部・午後の部と分かれ、各15組が参加できる。国府津車両センターのほうは、相模線で現在運行中の205系や新車のE131系を並べるというもので、対象は18歳以上。こちらも午前の部と午後の部に分かれ、各15人を募集した。

これらのイベントは、JR東日本のショッピングサイト「JRE MALL」で販売し、いずれも9月21日時点で完売している。

従来、車両基地の公開や、一般向けの車両撮影会は、ファンサービスとして無料で行われることが多かったが、上記の例に限らず最近は有料の鉄道イベントを各社が開いている。なぜ、有料イベントが目立つようになったのだろうか。

次ページターゲット絞り「特別感」を出す
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT