リビア、国連特使着任を前に内戦が激化

トリポリの銃撃戦をロイターが密着取材

8月16日土曜日、リビアの首都トリポリの国際空港で激しい戦闘が起こり、民兵組織が主導権を争った居住地区近辺では数千世帯が避難を余儀なくされた。

新しい国連特使が、早ければ8月23日までに停戦の仲介を行いにトリポリを訪問する予定である、と述べた後の出来事だった。

空港近辺と一部のトリポリの居住区では、早朝から銃声やロケットランチャー、大砲の爆発音が鳴り響いた。

戦闘を起こしたのは、General Staff Campとして知られる軍キャンプを制圧するリビア解放作戦を展開したことが有名な勢力だ。Equestrian Club本部の支援を受けており、敵対勢力のカーカ旅団とサワーイク旅団を抑え込んでいる。

かつては共に打倒カダフィを目指していた者達同士で戦いが行われている。国連と西側政府は外交員を避難させる対応に追われており、また、リビアで内戦が起こることを危惧している。

戦闘のほとんどはトリポリの国際空港近隣で発生した。戦闘員は、2011年に起きた紛争の掃討作戦以来掌握しているジンタン西部の街から移動してきた。

リビア政府は脆弱であり、いまだに国軍を配備できていない。新しい国家を共同で築く手段として、過去に政府の反対勢力に加わっていた部隊と半ば公式の治安部隊の給与をしばしば同等にしている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。