リビア、国連特使着任を前に内戦が激化

トリポリの銃撃戦をロイターが密着取材

8月16日土曜日、リビアの首都トリポリの国際空港で激しい戦闘が起こり、民兵組織が主導権を争った居住地区近辺では数千世帯が避難を余儀なくされた。

新しい国連特使が、早ければ8月23日までに停戦の仲介を行いにトリポリを訪問する予定である、と述べた後の出来事だった。

空港近辺と一部のトリポリの居住区では、早朝から銃声やロケットランチャー、大砲の爆発音が鳴り響いた。

戦闘を起こしたのは、General Staff Campとして知られる軍キャンプを制圧するリビア解放作戦を展開したことが有名な勢力だ。Equestrian Club本部の支援を受けており、敵対勢力のカーカ旅団とサワーイク旅団を抑え込んでいる。

かつては共に打倒カダフィを目指していた者達同士で戦いが行われている。国連と西側政府は外交員を避難させる対応に追われており、また、リビアで内戦が起こることを危惧している。

戦闘のほとんどはトリポリの国際空港近隣で発生した。戦闘員は、2011年に起きた紛争の掃討作戦以来掌握しているジンタン西部の街から移動してきた。

リビア政府は脆弱であり、いまだに国軍を配備できていない。新しい国家を共同で築く手段として、過去に政府の反対勢力に加わっていた部隊と半ば公式の治安部隊の給与をしばしば同等にしている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 30歳とお金のリアル
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。