容疑者とトランプ。緊張感ないとは言い切れないが、聞いたことはない《東京地検定例会見》


--朝日新聞の社説で、郵便不正事件に関連して、検事が勾留中の容疑者とトランプをしていたことについて触れ、「緊張感のない行為」だと論じているがどう認識しているか。

大鶴基成次席検事: トランプをするというのは、あまり聞いたことがないが、緊張感がないというふうに一概に言えない。人間関係をつくるということもある。一般的に不合理な点があって追及だけしていても、取り調べにならない。

「検事さんはこういうところもあるんだ」とお互いに分かって話しましょう、ということもありうる。直接取り調べに関係ないことが話題になっているからといって、緊張感がないということではない。

ただ、トランプをやるという話はあまり聞かない。

--トランプは取り調べがほとんど終わった後にやっているようだが。被疑者は早く帰してほしいと言っていたそうだが。

大鶴次席検事: 事実関係が分からないのでコメントできない。

--定例記者会見は2回目だが、記者会見を開くのは最高検からの要請と聞いているが

大鶴次席検事: 指示があったということでない。そういうふうにしたらという話。

--記者会見は録音を禁止しているが、事実関係を誤認する可能性もある。録音はダメか。

大鶴次席検事: 第1回目に説明したように考えている(=許可できない)。数字については間違いがないように資料を配る。
(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT