容疑者とトランプ。緊張感ないとは言い切れないが、聞いたことはない《東京地検定例会見》


--朝日新聞の社説で、郵便不正事件に関連して、検事が勾留中の容疑者とトランプをしていたことについて触れ、「緊張感のない行為」だと論じているがどう認識しているか。

大鶴基成次席検事: トランプをするというのは、あまり聞いたことがないが、緊張感がないというふうに一概に言えない。人間関係をつくるということもある。一般的に不合理な点があって追及だけしていても、取り調べにならない。

「検事さんはこういうところもあるんだ」とお互いに分かって話しましょう、ということもありうる。直接取り調べに関係ないことが話題になっているからといって、緊張感がないということではない。

ただ、トランプをやるという話はあまり聞かない。

--トランプは取り調べがほとんど終わった後にやっているようだが。被疑者は早く帰してほしいと言っていたそうだが。

大鶴次席検事: 事実関係が分からないのでコメントできない。

--定例記者会見は2回目だが、記者会見を開くのは最高検からの要請と聞いているが

大鶴次席検事: 指示があったということでない。そういうふうにしたらという話。

--記者会見は録音を禁止しているが、事実関係を誤認する可能性もある。録音はダメか。

大鶴次席検事: 第1回目に説明したように考えている(=許可できない)。数字については間違いがないように資料を配る。
(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT