"iPhone 6"リーク情報に欠けているもの

これはスマホの今後2年を占う重要製品である

サムスンのGalaxyシリーズが世界ナンバーワンシェアを獲得できた理由は、圧倒的なスペック差を誇り、機能面でもアップルなどが生み出す新しいトレンドを素早くキャッチアップするソフトウェア開発部隊を抱えていたからだ。

ところが、ベンチマークとしてきたアップルもまた、イノベーションが停滞している。”先生”とすべき相手を見失ったのだ。使用する半導体やディスプレイでの差異化も、もはや難しい。さらに基本ソフトであるAndroidが熟成し、サムスンが独自開発していた機能やユーザーインターフェイスデザインなども相対的に魅力が落ちてしまった。サムスンは市場におけるリーダーになったものの、市場を牽引するアイデアを出せずにいる。

先日、サムスンは新しい旗艦モデルの不評を受け、新デザインラインのGalaxy Alphaを発表したが、iPhone 5や予想されるiPhone 6のデザインイメージを取り込んだ、オリジナリティを感じられない商品だった。サムスンのメッキは剥げ落ちようとしている。

市場の「今後2年」を占うものに

ややAndroid端末に関する話が長くなった。「なんだ、それはローエンド市場の話ではないか。アップルが狙っているのはそういう市場ではないから的外れだ」との声も聞こえてきそうだ。が、これはアップルも無関係ではない。こうした現象はいずれ中位モデル以上にも伝搬していくものだ。

どれだけ洗練されたデザインを心がけたとしても、ハードウェア、基本ソフトの両面で進化を続けなければ、上位モデルとしての立ち位置は失われていく。その視点から考えると、現在までにリークされている情報では、まったく物足りない。果たしてアップルは、スマートフォン市場全体の進むべき方向、領域を示唆するまったく新しい、生活を一変させるような魅力的なデバイスを披露できるだろうか。

いや、スマートフォンと括るべきではないのかも知れない。アップルはiPhoneという端末と、それを取り囲む周辺デバイス、アクセサリ、アプリといった市場を、さらに前進・発展させるアイディアを持っているのだろうか。

アップルは通常、2年に1度、iPhoneのシャシー設計を大幅に変更している。今回はその2年に1度の行事だ。それもあって、間近に迫った製品発表はスマートフォン市場の向こう2年を占う、重要なイベントである。アップルはiPhoneを、そしてスマートフォン市場全体を今後も成長させていくことができるのか。今回の新モデルは、ここ数年でもっとも重要な発表となる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。