コトコト、撮りためた子供の動画が”映画”に

かわいいわが子の成長日記をスマホで作成

育児日記やフォトブック、スライドショーなど、写真を共有するサービスは数多くあり、動画でもSNSに投稿する形のサービスがある。だが、門松CEOには勝算があるようだ。「動画の領域で思い出を振り返ることに特化したサービスはほかにない。また、スマホの高精細な動画なら、写真として切り出してフォトブックを作ることもできる。動画を扱う技術を強みに、サービスを使ってもらえるようアピールする」と話す。

当面は手元資金で運営

今後の目標について、バイアウト(会社売却)や株式上場といった戦略は特に意識しておらず、ベンチャーキャピタル(VC)からの資金調達も未定。「事業を大きく広げるタイミングで資金を調達する可能性もあるが、まずはサービスをヒットさせたい。ヒットしなくても、ユーザーのためにサービスを続けたい、そんな気持ちでやっている」(門松CEO)。

近年、スマホ端末のカメラや液晶などのスペックは格段に向上し、高速通信サービスLTEのエリアも全国に広がったことで、動画を楽しむ人は着実に増えている。動画を扱うプレイヤーもさらに増えていくだろう。フィルミーをヒットに結びつけるには、日常的に動画を撮るメリットをアピールし、さらに、追随するライバルとの差別化を続けることが重要になりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT