コトコト、撮りためた子供の動画が”映画”に

かわいいわが子の成長日記をスマホで作成

このサービスを着想したのは約3年前、門松CEOの家庭での雑談がきっかけだった。「ほぼ毎日、幼稚園で働く妻と園児たちの話をするが、いくら話しても楽しくて話題が尽きることはない。それほど子供たちの日常はドラマにあふれているんだな、と感じた」という。

そんな日常の思い出を記録し、もっと楽しむためにはどうすればよいのか。従来の写真共有サービスでは「初めて寝返りができた」といった動作を記録できない。そこで思い立ったのが動画のサービス。ただし、当時はスマホの普及率が低かったこともあり、開発には至らなかった。

 同僚と4人で会社を辞め起業

「動画の領域で思い出を振り返ることに特化したサービスはほかにない」とフィルミーの強みについて語る門松CEO(撮影:田所美千代)

実際に開発に乗り出したのはスマホ普及も進んだ昨年のこと。受託開発の会社に務めながら起業すると公言していた門松CEOは、同僚とともに外部の開発イベントに参加していた。その中でフィルミーの原型となるサービスを作ったという。だが、会社に在籍したままでは、独自で開発を進めることは難しく、ユーザーに直接サービスを届けることもできない。そこで、現在のメンバーである4人の仲間と起業を決意。無限ラボに参加しながら会社を設立した。

無限ラボに参加した中でも、「(コトコトは)サービスのコンセプトについてまったくぶれなかった」と、チームに密着して支援してきたKDDIの担当者は話す。そのため、KDDI研究所の協力なども得て、サービスの設計や事業計画作りに労力を割いてきたという。

次ページほかの写真共有サービスにない強みとは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT