ビートルズ解散に学ぶ、起業で失敗の「あるある」

仲間とコラボレーションを続ける2つのコツ

映画の撮影が終わって程なくして、バンドは新たなマネージャーと契約したが、ポールだけはサインを拒んだ。当時他の3人はバンドの「1人1票」のポリシーを無視するようになった。ポールが政治家みたいに策を講じてサインを拒んだのは、いざ裁判になったとき自身の発言を有利に持っていくためだった。そして彼の判断は正しかった。2年後に彼が他の3人を訴えたとき、裁判所は彼を支持した。彼は契約上ビートルズに拘束されることはなくなった。1人の1票が他の3票を凌駕し、ポップ・ミュージック史上屈指のコラボレーションは後味の悪い結末を迎えるのだった。

会社を追われた創設者

こうした話は企業の創設者どうしの争いではよくあることだ。アップルでのジョブズ対ウォズニアック、 テスラでのエバーハード対マスク、フェイスブックでのザッカーバーグ対サベリンなど。いずれの場合も共通の目標が失われ、『僕たち』が『僕』になったのだ。

もちろん、これは創設者に限ったことではない。リーダーが取締役会と衝突することもある。よくあるのは、創設者やCEOの向かう先が取締役会と違う場合だ。いざとなると、取締役会はその考えを会社の安定にとってリスキーだと見なす。そうやってジョブズは1980年代にアップルから追い出され、ジャック・ドーシーは2008年にツイッターを解雇された。

だが幸い、劇的な解雇があったものの、ジョブズとドー シーは最終的に自分が設立した会社にそれぞれ復帰し引っ張っていくことになる。それは2人が会社を前進させるビジョンを取締役会で納得させることができたからだ。

どんな分野でも誰かと組んで何かを作るとなると、一度に2つのことが求められる。まず自分のスキルに自信を持つこと。それができないと他からお呼びがかからない。

2つ目に他の人に興味を持つこと、それができて初めてビジョンと目的を共有して一緒に素晴らしいものを築き上げることができる。

自分の力に自信を持つことと他の人が持ってきたアイディアに興味を持つこと、その両者がフル回転すると、ミュージシャンも起業家もそこから必ず得るものが見つかる。そして、コラボレーションのマインドセットが最高の状態で機能すれば、互いを助け合う家族のような絆、オープンなコミュニケーションと所属感が生まれ、自由な空気によって各メンバーがクリエイティブなゴールを目指すことができるのだ。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT