東京五輪に感動した人は、政府を信頼するのか?

3000人の対象の追跡調査からわかった真実

さらに、オリンピック開催による幸福度の変化に着目すると、オリンピック開催前と開催中で幸福度は変化していないことがわかった。先に紹介したロンドン・オリンピックの事例とは異なり、オリンピックを楽しむ一方で、新型コロナの感染爆発は人々を不安に陥れただろう。これら相反する効果が打ち消しあい、結果的に幸福度は変化していないように見えるのである。

以上の証拠からわかるのは、オリンピックに感動したからといって政府を支持するわけではないということである。あくまで、選手のオリンピックの活躍や、その背景にある人知れず流した汗や涙、あるいは選手を支えた家族愛やサポートメンバーの献身などの物語に感動するわけである。

筆者が「『感動』の裏で忘れられた『コンパクト』東京五輪」で指摘したように、現代のオリンピックは、商業主義的と政治的な思惑により金がかかる。莫大な費用をかけた開会式や閉会式(46%)の視聴率は高かった。しかし、ネットニュースに投稿されるコメントの大半には、失望や不満があふれていた。つぎ込んだ費用の大きさと、選手の熱量やそこから受ける感動の大きさは無関係である。

オリンピックのあり方に否定的意見が多い東京人

開催中(7月末)の調査では、より詳細な質問項目を追加した。オリンピックが望ましい条件で開催されているかについての質問である。このデータを用いて得た結果では、開催都市である東京都の住民とそれ以外の日本人の間には大きな違いがあることがわかった。

① 他の県より東京人はオリンピックをやってよかったと考えていない。
② 他の県より東京人はオリンピック規模がコンパクトだと考えていない。
③ 他の県より東京人はオリンピックが過度にビジネスに結びついていると考えた。
④ 他の県より東京人はオリンピック開催条件として夏の東京の気温・湿度は適していないと考えた。

全体として他地域に比べて東京の居住者はオリンピックのあり方について否定的な意見を持っていることがわかった。都民の予想通り、東京の高温・多湿は数値以上にプレーヤーの心身にダメージを与える様子が映像で流された。

テニス世界ランキング2位のダニル・メドベージェフは、試合中に「試合は終えられるが死ぬかもしれない」と訴えた。アメリカのテレビ放映の時間帯を考慮して、最も気温が高い時間に試合を行うことにしたために、選手を危険に晒したのである。

次ページアメリカのオリンピック視聴者は減少傾向に
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT