Buddyが大ヒット「光岡自動車」はどんな企業か

ミツオカの本拠地「富山」で製作過程を見た

次に、ベース車の仕入れ。これについてはトヨタ、マツダ、日産などの新車販売店から購入しているとの回答を得た。

メーカーとの関係については、「ビュート」で日産「マーチ」を採用していることから日産本社とは直接やり取りがあるが、トヨタ、マツダとは販売会社を通じて交渉しているという。

「リューギ」はトヨタ「カローラ アクシオ/フィールダー」をベースとする(写真:光岡自動車)

マツダの場合、「光岡自動車様がマツダの販売会社から購入されたものを改造して販売しており、マツダにとってはサードパーティと同様の認識」(マツダ広報部)という見解だ。

また、アフターメンテナンスについては、光岡自動車オリジナルカー取り扱い拠点での窓口対応が基本だが、「ベース車の新車販売店でのメインテナンスが不可能というわけではない」と説明し、あくまでも販売店各社の判断としている。

さらに、製造者責任(PL)に対しては、「現在のラインナップのベース車メーカー(日産、マツダ、トヨタ)のうち、車両保証を認めていただいているのは日産のみ。そのほかでの訴訟事案が発生した際の責任は、光岡自動車にある。そうした事案に対応するべく、PL保険(生産物賠償責任保険)に加入している」と現状を説明した。

個性を求める人がいる限り

最後に、「100年に一度の自動車産業変革」を踏まえた今後の事業展開について聞いた。

これについては「これまでの光岡ユーザー同様に、希少性や個性を大切にする方々がいらっしゃる限り、その時代に適応したモノづくりをしていく。電動化へ向けて、あるいはさまざまな技術革新が進むなか、今後の商品企画についてはより高度なレベルでの対応が求められると認識している。今後もこれまで同様に、ワクワク・ドキドキするクルマをご提案できるよう取り組んでいきたい」と回答された。

富山発の小さくて元気いっぱいの自動車メーカーのこれからに、大いに期待したい。

この記事の画像を見る(13枚)
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT