「お金が健康を遠ざけていた」という衝撃の事実

スポーツクラブ、サプリ、鍼…でも不調だった私

きっかけは、会社を辞めてから、とあるニュースサイトの無料会員になったことである。以来1日1回、わがメールにそのサイトが運営する健康専門サイトのお知らせが律儀に送られてくるようになった。

これには最初、単純に驚いた。だって数え切れないほどの情報が毎日毎日アップされまくってるんですよ。ダイエット、成人病予防、老化防止、免疫力強化、ストレス対策……取り上げる話題も、それについて語りまくる専門家も、まさしく尽きることなくコンコンと湧き出る泉のごとしである。

なるほど現代においては、健康とは永遠の巨大市場なのだと実感する。

科学が進歩し、医療が発達し、人々の暮らしもひと昔に比べたらグッと豊かになった時代においても、人々はなぜか健康を手にすることができず、どこまでも深い悩みの中にいるのだ。

ということはこれからも、景気が浮こうが沈もうが、あるいはコロナ禍などの予期せぬアクシデントがあろうがなかろうが、この市場は不変にテッパンの強力なマーケットであり続けるに違いない。

気づいたら健康になっていた私

しかし、それにしてもなぜ人々はこれほどまでに健康を追い求めてやまないのだろう……と考えていて、はっとした。

その「人々」の中に、私は入っていなかったのだ。

つまりは私、確かにこのサイトを見て「感心」はしていたが、「関心」は1ミリも持っていなかったのである。

なぜなら、私はすでに十分健康だった。ダイエットも、成人病予防も、老化防止も、免疫力強化も、ストレス対策も、すべて私には「解決済み」であり、それは基本的にこれからも変わらないという確信があったのである。

いや……これだけだと「それは主観の問題でしょ(勝手に健康だと思い込んでいるだけ)」と思われるかもしれない。

確かに私とて、あまりのことにちょっとそんな気がしないわけでもなかった。で、先日ラジオを聞いていたら「質の良い睡眠」についての番組をやっておりまして、専門家の先生が「良い睡眠チェック」の具体的な項目を挙げておられた。

確かに良い睡眠がとれているかどうかは間違いなく日頃の生活の結果、すなわち通信簿であり、ごまかしようのない健康のバロメーターといえましょう。というわけでにわかに興味を持ちまして、ちょいと聞き耳を立てたわけです。

次ページ「良い睡眠チェック」5項目とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT