日本人へ リーダー篇 塩野七生著

日本人へ リーダー篇 塩野七生著

著者の専門である古代ローマや中世ルネサンス期の栄華盛衰と照らし合わせながら、21世紀の世界と日本のあり方を見据えたエッセー集。

たとえば、同盟国アメリカと躍進著しい中国との間で、日本はどのように存在感を示せばいいのか。著者は「両大国のまき散らす『迷惑』を可能な限り避けながら切り抜
ける」ことに集中すべきだとして、その手本に、当時大国の間で巧みに立ち回ったヴェネツィア共和国を挙げる。

あるいは、古代ローマの「護民官」を現代日本に復活させて、非正規労働者の権利と義務を確立する制度を提案したりする。

イタリア在住の著者ならではの、外からの視点で語られた日本像が印象的。

文春新書 892円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。