日本人へ リーダー篇 塩野七生著

日本人へ リーダー篇 塩野七生著

著者の専門である古代ローマや中世ルネサンス期の栄華盛衰と照らし合わせながら、21世紀の世界と日本のあり方を見据えたエッセー集。

たとえば、同盟国アメリカと躍進著しい中国との間で、日本はどのように存在感を示せばいいのか。著者は「両大国のまき散らす『迷惑』を可能な限り避けながら切り抜
ける」ことに集中すべきだとして、その手本に、当時大国の間で巧みに立ち回ったヴェネツィア共和国を挙げる。

あるいは、古代ローマの「護民官」を現代日本に復活させて、非正規労働者の権利と義務を確立する制度を提案したりする。

イタリア在住の著者ならではの、外からの視点で語られた日本像が印象的。

文春新書 892円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。