日本人へ リーダー篇 塩野七生著

日本人へ リーダー篇 塩野七生著

著者の専門である古代ローマや中世ルネサンス期の栄華盛衰と照らし合わせながら、21世紀の世界と日本のあり方を見据えたエッセー集。

たとえば、同盟国アメリカと躍進著しい中国との間で、日本はどのように存在感を示せばいいのか。著者は「両大国のまき散らす『迷惑』を可能な限り避けながら切り抜
ける」ことに集中すべきだとして、その手本に、当時大国の間で巧みに立ち回ったヴェネツィア共和国を挙げる。

あるいは、古代ローマの「護民官」を現代日本に復活させて、非正規労働者の権利と義務を確立する制度を提案したりする。

イタリア在住の著者ならではの、外からの視点で語られた日本像が印象的。

文春新書 892円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。