2030年には50代の3人に1人が一人暮らし--『単身急増社会の衝撃』を書いた藤森克彦氏(みずほ情報総研主席研究員)に聞く


--単身急増のマイナスの影響とは。

大まかに言って三つの問題がある。貧困、介護、もう一つは社会的に孤立しやすいことだ。

単身世帯は所得格差が大きく、一律にはとらえられないものの、貧困世帯の数は確実に増えている。高齢期の貧困といっても、死別か離別か未婚かによってあり方が違う。男性の場合は未婚の単身者の貧困の割合が高い。それに対して、女性の場合は離婚した単身者に低所得者が多い。

年齢階層別では、50代の男性の貧困率が結構高い。ここで貧困とは年収150万円未満の低所得者をいうが、単身男性では50代、単身女性では40代の1割強の人が、低所得となっている。これが60代の単身男性と50代以上の単身女性となると、低所得者の比率は2割台にのぼる。

--介護については。

要介護者がいる世帯について、誰が介護しているかを調べると、単身者の場合は圧倒的に事業者となる。5割という統計もある。単身以外の世帯は9割が家族介護であるのに対して、顕著な違いだ。

単身世帯は事業者に、掃除、食事の準備、買い物といった生活支援を頼むことが多く、身体介護の部分はそうでもない。現在の介護保険の生活支援は1日90分と制限を設けている。単身世帯が増える中で生活支援が今のままでいいのか、見直していく必要がある。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT