"35歳以上婚"は幸せか、試練の始まりか?

日本全国「晩婚さん」の真実を追う!

バブルな元リク社長が選んだ、意外な結婚

最初の晩婚さんとは東洋経済新報社の玄関で待ち合わせをした。待ち合わせの3分ほど前に到着すると、担当編集者の傍らに初老の男性が立っていた。初回からミドル級の晩婚さんの登場だ。

木村幸一さん(仮名、48歳)は、白髪頭が後退していてあいさつも控えめなので、「初老」という第一印象を受ける。しかし、座って会話を始めるとイメージが一変した。とにかくエネルギッシュで、軽さを感じるほど冗舌なのだ。肌つやもよくて、眼光も鋭い。

慶応大学卒・リクルート出身の木村さん。現在は中小企業の社長をしている。モテないはずはない。木村さん、今まで遊んでいたのではないですか。もしくは忙しすぎて結婚する暇がなかった?

「その両方ですね。ハハハ。私は平成初頭、バブル入社です。当時は三高という言葉があったんですよ。高学歴・高収入・高身長の男性が人気でした。私は身長は170センチちょっとですけれど、今と違って髪の毛がありましたしねえ。ハハハ。いろんな女の子と付き合いました。

あの頃は短大卒の一般職で早く結婚したくて仕方ない女性が多かったので、すぐに親に会うように仕組まれたり。大変でしたよ。スキー場でナンパしたすごい美人と東京でも会ったら、『軽井沢プリンスを予約したからまたスキーに行こう』と誘われました。マジかよー、いきなり泊まりでいいのかよー、と思いながら車で迎えに行ったのです。そしたら、お母さんが娘のスキー板を持って見送りに出てきた。あれには参ったなー。仕事も猛烈にしていましたよ。リクルートには10年間いましたけど、『オレ、38歳ぐらいで死んでもいい』と思うぐらい働いていました」

笑えるが、共感は覚えにくいエピソードである。謙虚さや自制心を過剰に育んでしまった僕らロスジェネ世代とあまりに違うので、心からは理解できないのだ。ただ、ひたすら明るいので嫌味は感じない。

木村さんにも忘れられない恋がある。学生時代に1年間付き合った同い年の女性だ。

「彼女は高卒で働いていました。早く結婚をしたがっていましたが、私は学生ですからね。結婚なんて考えられません。別れた後も友だちとして遊んでいましたよ。1年後に彼女は別の男性と結婚するのですが、式当日の早朝まで一緒に遊んでいましたから。彼女が式に出るためにいなくなったとき、すごい喪失感が襲ってきたのです。あれ以来、ずっと引きずってきた面はありますね。たいていの恋人とは付き合って3カ月ぐらいで面倒くさくなって別れましたから」

そんな木村さんは現在、2児の父親である。結婚したのはなんと今年の春。昨年離婚したばかりの31歳の子連れ女性が相手だという。30年近く独身一人暮らしを謳歌していた木村さんに、どんな心境の変化があったのか。数カ月の新婚生活で早くも後悔していたりはしないのか……。次回に続く。

(イラスト:堀江篤史)

※次回は8月22日(金)に公開します。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT