中国のスマホ販売、サムスン2位に転落

第2四半期は創業3年のシャオミが1500万台で首位

8月5日、調査会社Canalysによると、第2・四半期の中国のスマートフォン販売は中国の小米科技が韓国のサムスン電子から1位の座を奪った。写真は小米の新製品。ニューデリーで7月撮影(2014年 ロイター/Anindito Mukherjee)

[北京 5日 ロイター] - 調査会社Canalysによると、第2・四半期の中国のスマートフォン(多機能携帯電話)販売は、中国の小米科技(シャオミ)が、韓国のサムスン電子<005930.KS>から1位の座を奪った。

シャオミの出荷台数は1500万台。2位のサムスン電子は、1320万台。それを約20万台下回り、レノボ・グループ<0992.HK>が3位につけた。

調査会社、ストラテジー・アナリティックスによると、創業3年のシャオミは、世界市場でも第2・四半期に5位のシェアを確保した。

ただ、同社の国外出荷台数は10万台程度で、中国国内の成功を海外でも再現できるかはまだ不明。

アジアでは、マレーシア、シンガポール、フィリピンで既に店舗を出している。先月「Mi3」モデルを発表したインドでは、1万台の出荷に対して、10万人以上が事前登録したという。

また、ブラジル、メキシコ、インドネシア、タイなどでも事業拡大を目指している。

ハイテク関連アナリスト、スメール・シン氏は「現在シャオミには問題があるが、それは供給面での問題のようだ。海外での需要が供給を大幅に上回っているため、顧客が他の商品に向かってしまう可能性もある」と語った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT