中国のスマホ販売、サムスン2位に転落

第2四半期は創業3年のシャオミが1500万台で首位

8月5日、調査会社Canalysによると、第2・四半期の中国のスマートフォン販売は中国の小米科技が韓国のサムスン電子から1位の座を奪った。写真は小米の新製品。ニューデリーで7月撮影(2014年 ロイター/Anindito Mukherjee)

[北京 5日 ロイター] - 調査会社Canalysによると、第2・四半期の中国のスマートフォン(多機能携帯電話)販売は、中国の小米科技(シャオミ)が、韓国のサムスン電子<005930.KS>から1位の座を奪った。

シャオミの出荷台数は1500万台。2位のサムスン電子は、1320万台。それを約20万台下回り、レノボ・グループ<0992.HK>が3位につけた。

調査会社、ストラテジー・アナリティックスによると、創業3年のシャオミは、世界市場でも第2・四半期に5位のシェアを確保した。

ただ、同社の国外出荷台数は10万台程度で、中国国内の成功を海外でも再現できるかはまだ不明。

アジアでは、マレーシア、シンガポール、フィリピンで既に店舗を出している。先月「Mi3」モデルを発表したインドでは、1万台の出荷に対して、10万人以上が事前登録したという。

また、ブラジル、メキシコ、インドネシア、タイなどでも事業拡大を目指している。

ハイテク関連アナリスト、スメール・シン氏は「現在シャオミには問題があるが、それは供給面での問題のようだ。海外での需要が供給を大幅に上回っているため、顧客が他の商品に向かってしまう可能性もある」と語った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT