中国のスマホ販売、サムスン2位に転落

第2四半期は創業3年のシャオミが1500万台で首位

8月5日、調査会社Canalysによると、第2・四半期の中国のスマートフォン販売は中国の小米科技が韓国のサムスン電子から1位の座を奪った。写真は小米の新製品。ニューデリーで7月撮影(2014年 ロイター/Anindito Mukherjee)

[北京 5日 ロイター] - 調査会社Canalysによると、第2・四半期の中国のスマートフォン(多機能携帯電話)販売は、中国の小米科技(シャオミ)が、韓国のサムスン電子<005930.KS>から1位の座を奪った。

シャオミの出荷台数は1500万台。2位のサムスン電子は、1320万台。それを約20万台下回り、レノボ・グループ<0992.HK>が3位につけた。

調査会社、ストラテジー・アナリティックスによると、創業3年のシャオミは、世界市場でも第2・四半期に5位のシェアを確保した。

ただ、同社の国外出荷台数は10万台程度で、中国国内の成功を海外でも再現できるかはまだ不明。

アジアでは、マレーシア、シンガポール、フィリピンで既に店舗を出している。先月「Mi3」モデルを発表したインドでは、1万台の出荷に対して、10万人以上が事前登録したという。

また、ブラジル、メキシコ、インドネシア、タイなどでも事業拡大を目指している。

ハイテク関連アナリスト、スメール・シン氏は「現在シャオミには問題があるが、それは供給面での問題のようだ。海外での需要が供給を大幅に上回っているため、顧客が他の商品に向かってしまう可能性もある」と語った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。