意外に多い、著名建築家が手がける鉄道デザイン

集客期待大、工業デザイナーの手による駅舎も

妹島和世氏がデザインを監修した西武鉄道001系「ラビュー」(筆者撮影)
この記事の画像を見る(11枚)

建築家が鉄道車両をデザインすることが多くなってきている。代表例としては岡部憲明氏が手がけた小田急電鉄「ロマンスカー」GSE70000形、妹島和世氏が監修した西武鉄道001系「ラビュー」などがある。

鉄道と建築家の関わりは、駅舎については昔からある。たとえば赤レンガで有名な東京駅丸の内駅舎を設計した辰野金吾は鉄道専門というわけではなく、日本銀行本店など鉄道以外の建築物も担当している。

車両・駅舎両方を手がける建築家

その後もJR東日本田沢湖および女川駅舎に坂茂氏、JR九州由布院駅舎に磯崎新氏が起用されており、安藤忠雄氏はJR東日本竜王駅、東急電鉄・東京メトロ渋谷駅など複数の駅を担当と、世界的に有名な建築家が数多く関わっている。

隈氏がデザインを担当した高輪ゲートウェイ駅の駅舎(筆者撮影)
隈研吾氏が手がけた西武のレストラン列車「52席の至福」。車内には木材が多用されている(編集部撮影)

となると当然ながら、車両と駅舎の両方を手がけた建築家も出てくる。

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のメインスタジアムである新国立競技場の設計を担当した建築家の隈研吾氏は、東京都にあるJR東日本高輪ゲートウェイ駅、京王電鉄高尾線高尾山口駅などもデザインしている。

そして車両も手がけている。西武鉄道4000系の改造により生まれたレストラン列車「52席の至福」に使われる52型である。外観は秩父の四季が荒川の流れとともに描かれ、4両すべての絵柄が異なる。車内は渓谷などの自然をモチーフとしており、秩父銘仙、柿渋和紙、西川材など沿線の伝統工芸品や地産木材を一部に使用している。

次ページ隈研吾氏のデザインの特徴
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT