お金や人脈以上に大きな「複業」の本当のメリット 学歴や年収よりも「幸福度」を左右する要素とは

印刷
A
A

最後に、複業を成功させるために大切なことは、“「たまご型」ではなく「もも型」になる”ことだと私は考えます。

「たまご型」「もも型」、この2つは人間のタイプを表しています。

「たまご型」は外側の殻が硬い、つまり新しいことを受け入れるまでのハードルが高い人です。ただし、一度中に入ってしまえば認めてくれることもあります。

「もも型」は、しっかりとした芯を持ちながらも、人の意見を受け入れる柔軟性を持っています。

複業を成功させるには、しっかりとした芯を持ちながらもさまざまな人と交わっていく「もも型」の人になる必要があるのです。

「とてもフレンドリーで、すぐに受け入れてくれるけれど、核心の部分は絶対に曲げない人」をイメージしてください。

新しいことに挑戦する際には、芯を持ちつつ、あいまいさを受け入れることも必要です。

というのも、自分をどんな方向に進化させればいいかは、はっきりとした正解はないからです。「先が見えないから」と変化に対して恐れを持っていると、動けなく(成長できなく)なってしまいます。正解を知りたがる人も少なくありませんが、新しいことを始めるのに正解などないのです。

現代は「VUCA」の時代

最近、ビジネス環境や市場、組織、個人などあらゆるものを取り巻く環境が変化し、将来の予測が困難になっている状況を意味する造語としてVUCA(ブーカ)が注目されています。VUCAは4つの言葉の頭文字をとったものです(下図)。

(図:『【スタンフォード式】世界一やさしい パラレルキャリアの育て方』より)

この中にもAmbiguity(アンビギュイティ=あいまいさ)が含まれています。

『【スタンフォード式】世界一やさしい パラレルキャリアの育て方』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

つまり、「どうすれば問題を解決できるのか」「この方法で本当に解決できるのか」といった絶対的な解決方法が見つからない状態の中でチャレンジしていかなくてはならない、ということ。

あいまいさを受け入れて、仲良くなることが複業するうえでは大切なのです。

以上のように、複業は、収入も幸せもアップさせることができる可能性を秘めた素晴らしい手段です。ぜひみなさんもチャレンジしてみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT