お金や人脈以上に大きな「複業」の本当のメリット 学歴や年収よりも「幸福度」を左右する要素とは

拡大
縮小

神戸大学社会システムイノベーションセンターの調査によると、「自己決定、つまり自分で決めることができる人は幸福度が高い」そうです。

そして驚くべきことに、「学歴が高い」ことや「年収が高い」ことよりも、「自己決定」は幸福度を上げる効果があるのです。

お金、やりがい、社会貢献、仲間……これらは複業におけるサブ・メリットでしかありません。メインのメリットは、「自己決定できること」です。

なぜ、複業をするのか? 答えは、「幸せになれるから」。

それが、数々の複業を経験している私の結論です。

肩書きを「増やしていく」時代

これまでは、一つの仕事を一生かけて極めるのが美徳とされていました。
しかし、日本でも「スラッシャー(SLASHER)」という言葉が少しずつ使われるようになっています。聞いたことありますか?

スラッシャーとは、肩書きをスラッシュ(「/」)で併記して活躍する人たちのこと。以下のようなイメージです。

▶エンジニア/コンサルタント/ライター
▶会計士/講演家/ブロガー
▶貧乏サラリーマン/動画編集者/Excelスペシャリスト
▶経理/秘書/カメラマン

それぞれの肩書きが関連している人もいれば、まったく別業界の人もいます。

また、プロレベルの人もいれば、趣味レベルの人もいます。

ここで大事なのは、「まず名乗ること」。「自分はこういう人なんです」と名乗れば、世間話で盛り上がったり、何か相談されたりするかもしれません。それが結果として、仕事につながる可能性も十分あります。

肩書きは一つである必要はありません。むしろ、肩書きを増やしていくのがこれからの時代です。スラッシャーとして生きる選択をする人はこれから増えていくでしょう。

最近は「FIRE(Financial Independence[経済的自立]、Retire Early[早期退職])」という言葉が話題になっています。

「もう働きたくない」「少しでも早く会社を辞めたい」と考えている人もいるでしょう。私も会社員時代、同じように思ったことがあるので、その気持ちもわからないわけではありません。

でも、セミリタイアがはやる背景には将来不安もあると思いますが、一方で「やりがいがない」「楽しくない」という気持ちが大きいのではないでしょうか。

スラッシュで複数の肩書きを持つことで、収入が増えるだけでなく、自分のやりたいことを実現するためのライフワークも生まれます。ぜひ、複業にチャレンジして、「食べるためだけに働いている(ライスワーク)」という状況を脱却しましょう。

次ページ経験を掛け合わせて強みにする
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT