「米国株100%、日本株は不要」という人の落とし穴

日本株には実は「これから期待できる点」がある

この週末の8月1日は、古馬牝馬によるクイーンステークス(距離1800メートル、G3)が行われる。

今年は、開催日程の都合から、例年の札幌競馬場ではなく函館競馬場で行われる。コーナーが4つの小回りコース、平坦で短い直線、タフな洋芝、と癖のある条件だ。開催が進んで馬場がタフになっているので、スピードと切れ味を持ち味とする馬は意外に苦戦するかも知れない。

クイーンSの本命は「ジェンティルドンナの全妹」

本命には、ジェンティルドンナの全妹という良血で徐々に力をつけてきた5歳馬ドナアトラエンテを採る。

昨年夏以来の古馬の競争を見ると、牡馬・牝馬ともに現在の4歳世代よりも5歳世代が優位だ。積極的な騎乗が持ち味の川田騎手の騎乗もコース条件を考えるとプラスに働きそうだ。

対抗には、タフな洋芝コースに合いそうなゴールドシップ産駒のウインマイティー、3番手にはクリストフ・ルメール騎手を確保したテルツェットを狙う。

以下、シゲルピンクダイヤ、フェアリーポルカ、マジックキャッスルを押さえたい。おそらくは1番人気が予想されるマジックキャッスルは、切れ味タイプであることと、斤量が他馬よりも1キロ重い56キロであることから評価を下げた。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT