日本の大問題が面白いほど解ける本 シンプル・ロジカルに考える 高橋洋一著

日本の大問題が面白いほど解ける本 シンプル・ロジカルに考える 高橋洋一著

公共事業はやめるべきか、高速道路無料化は愚策か、「子ども手当」はバラマキか、年金は積み立て方式がいいのか、「増税して景気がよくなる」ことはあるか、借金が973兆円もあって日本は大丈夫か?

いずれの「難問」にも、著者は、コスト・ベネフィット分析と世界標準を基本的な立場として答えを出す。

たとえば、日本の大借金。国の債務が返済可能かどうかは、課税権と国の債務残高が見合っているかどうかで決まる。その際、債務残高の対GDP比の動きが、財政破綻かどうかの指標になる。それは標準的な尺度「基礎的財政収支」でわかるという。

「埋蔵金」を白日の下に引き出した著者によるロジカルシンキング。

光文社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。