日本の大問題が面白いほど解ける本 シンプル・ロジカルに考える 高橋洋一著

日本の大問題が面白いほど解ける本 シンプル・ロジカルに考える 高橋洋一著

公共事業はやめるべきか、高速道路無料化は愚策か、「子ども手当」はバラマキか、年金は積み立て方式がいいのか、「増税して景気がよくなる」ことはあるか、借金が973兆円もあって日本は大丈夫か?

いずれの「難問」にも、著者は、コスト・ベネフィット分析と世界標準を基本的な立場として答えを出す。

たとえば、日本の大借金。国の債務が返済可能かどうかは、課税権と国の債務残高が見合っているかどうかで決まる。その際、債務残高の対GDP比の動きが、財政破綻かどうかの指標になる。それは標準的な尺度「基礎的財政収支」でわかるという。

「埋蔵金」を白日の下に引き出した著者によるロジカルシンキング。

光文社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT