スカイマーク、「継続前提に注記」の顛末

なぜ決算発表が2時間も遅れたのか

スカイマークは文字どおり、抜き差しならない危機に直面している(撮影:今井康一)

スカイマーク社内の混乱を物語っているようだった。当初は7月31日の15時台に公表を予定していた、2014年度第1四半期(4~6月)の決算短信。だが、実際に公表されたのは、2時間遅れの17時だった。「ギリギリでさまざまな確認事項が生じた」(スカイマーク広報)のが、その理由だという。

では、「さまざまな確認事項」とは、いったい何だったのか。その中に、第1四半期から決算短信に新たに記載された「継続企業の前提に関する注記」が含まれていたことは、ほぼ間違いないだろう。

事業継続に生じた疑義

画像を拡大
決算短信の9ページ目には「継続企業の前提に関する注記」が記載されている

決算短信は、企業が将来にわたって無期限に事業を継続することを前提に書かれている。だが、その前提に疑義が生じるケースがある。赤字続きで資金繰りが厳しくなってきた場合や、今後の営業に重大な支障が生じることが濃厚な場合だ。

そうしたとき、継続企業の前提に疑義が生じているとして、企業はその事実と今後の解消策を決算短信に記載しなければならない。

つまり、今のスカイマークの経営状況はそれほど逼迫しているのだ。何しろ、同社が7月31日に発表した第1四半期の決算は、売上高が前年同期比1.5%減の181億円。提供座席数の増加で旅客数は増えたものの、競合激化による単価下落で減収を強いられた。

次ページ直面する危機はほかにも
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT