スカイマークとエアバス、前代未聞の軋轢

「A380」の導入で計画変更をめぐる交渉が難航

スカイマークは、期間限定となる客室乗務員のミニスカートワンピース制服で話題となったエアバス製の中型機「A330」を今年6月から羽田―福岡など国内主要路線で順次導入。「グリーンシート」と呼ぶ広い座席を配することで差別化し、国内線のテコ入れを進めている。

これに続く大胆な方策として、JALや全日本空輸(ANA)ですら導入していない超大型のA380を成田-ニューヨークを皮切りに導入し、国際線に参入するという戦略も進めてきた。ただ、収益力が低下したうえ、巨額投資負担が必要なA380の導入は危険な賭けになる可能性がある。詳細は不明だが、スカイマークが7月29日付のコメントで明らかにしたように、「当初計画を変更せざるを得ない状況」にあるのだろう。

現時点で協議は継続中

独立路線は譲れない?スカイマークの西久保社長(撮影:今井康一)

そんなスカイマークに対し、契約変更の一部条件としてエアバスが大手航空会社の傘下入りを要求したというが、スカイマークは、大手航空会社に頼らず独立して存在し、航空運賃の低価格化に貢献してきたという自負があり、「収益が悪化しているとは言え未だ無借金であり、またA330グリーンシートは非常に好評で搭乗率も上がってきております。他社の傘下に入ることなど考えられません」(7月29日発表のコメント)としている。

現時点でスカイマークが「我々はエアバス社と根気よく協議し解決策を見出していく」とコメントしているように、A380の6機のキャンセルは正式に決まったわけではないが、水面下の条件が表に出たことで、両社の交渉は一層難航する可能性もありそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT