居酒屋の低価格バトル、業界大手ワタミの参入で一段と激化


 「ジョン万次郎�世」を展開する大庄も「当初は営業利益率10%を狙っていたが、実際には収支トントン」(水野常務)。定番の刺し身や天ぷらなど採算がよくない商品を欲張って置いてしまったことが理由だ。

ワタミは新業態の原価率を既存業態より10%高い37・5%で想定。その分、店内運営の簡素化で人件費を抑制してカバーする方針だ。支払いはカードチャージ式の前金制。注文もタッチパネルで、人件費比率が従来より5%低い20%に抑制できると見積もる。店舗坪数も従来の3分の1に抑え、投資効率も高める。

消費者の二分化は居酒屋業界でも顕著。徹底的に安さを追求するか、価値を認めれば高額出費も惜しまないかだ。その証拠に、中価格帯の「鳥どり」と、客単価5500円前後の「響」を手掛けるダイナックは、「消費者が求めているものが明確な分、響の売り上げは鳥どりよりも約5%力強い」(綾野喜之執行役員)という。

現段階では、ワタミは高額分野を攻めるつもりはないようだ。縮小する居酒屋市場で、低価格業態への進出が起爆剤になるのか。ワタミの試みに、一層の関心が集まりそうだ。

■ワタミの業績予想、会社概要はこちら


(二階堂遼馬 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2010年6月5日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT