レナウン粘り腰の交渉、背景にいた「第2の候補」

MTMの早瀬恵三社長によれば、同社がスポンサーになった場合でも、将来的には中国の事業会社に株式を転売することを想定していた。「レナウンに限らず、いま売り上げを伸ばすには、中国市場に出るしかない。現地に流通網を持つ中国の事業会社と組むのが再生の近道」(早瀬社長)。結果的にレナウンはその道をよりショートカットして歩むことになった。

今後の課題は、日中双方の事情に通じた人材の経営層への登用だろう。現時点では、レナウンの北畑稔社長に香港駐在の経験がある程度。レナウン、山東如意それぞれの強みを理解して引き出せる人材を起用できるか否かが、再生への試金石となりそうだ。

■レナウンの業績予想、会社概要はこちら

レナウン 日足

 

(撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2010年6月5日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT