レナウン粘り腰の交渉、背景にいた「第2の候補」

MTMの早瀬恵三社長によれば、同社がスポンサーになった場合でも、将来的には中国の事業会社に株式を転売することを想定していた。「レナウンに限らず、いま売り上げを伸ばすには、中国市場に出るしかない。現地に流通網を持つ中国の事業会社と組むのが再生の近道」(早瀬社長)。結果的にレナウンはその道をよりショートカットして歩むことになった。

今後の課題は、日中双方の事情に通じた人材の経営層への登用だろう。現時点では、レナウンの北畑稔社長に香港駐在の経験がある程度。レナウン、山東如意それぞれの強みを理解して引き出せる人材を起用できるか否かが、再生への試金石となりそうだ。

■レナウンの業績予想、会社概要はこちら

レナウン 日足

 

(撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2010年6月5日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング