レナウン粘り腰の交渉、背景にいた「第2の候補」

MTMの早瀬恵三社長によれば、同社がスポンサーになった場合でも、将来的には中国の事業会社に株式を転売することを想定していた。「レナウンに限らず、いま売り上げを伸ばすには、中国市場に出るしかない。現地に流通網を持つ中国の事業会社と組むのが再生の近道」(早瀬社長)。結果的にレナウンはその道をよりショートカットして歩むことになった。

今後の課題は、日中双方の事情に通じた人材の経営層への登用だろう。現時点では、レナウンの北畑稔社長に香港駐在の経験がある程度。レナウン、山東如意それぞれの強みを理解して引き出せる人材を起用できるか否かが、再生への試金石となりそうだ。

■レナウンの業績予想、会社概要はこちら

レナウン 日足

 

(撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2010年6月5日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT