デカく重く「車の恐竜化」止まらないのか【動画】

5ナンバーが減り3ナンバー車ばかりになったワケ

かつて昭和の時代は大きさこそがクルマの価値、富の象徴でした

もちろん今も高級車ほど大きい傾向はあります。ところが今は昔の大衆車であってもずいぶんとサイズが増しました。

トヨタ「カローラ」、ホンダ「シビック」も3ナンバーに

具体的に言えば、5ナンバー車が減って3ナンバー車が増えました。かつては「3ナンバー車」は貴重で高級車の代名詞でもありました。

ところが今やトヨタ自動車の「カローラ」、ホンダ「シビック」というかつての大衆車がいずれも3ナンバー化しています。

なぜ乗用車は大きくなったのでしょうか?ポイントを動画にまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの守永真彩と東洋経済オンライン編集部長の武政秀明がわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

(再生時には音量等にご注意ください)

(デザイン:駒井佐和子、撮影:今井康一)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT