1枚15万円、あまりに美しい「葉っぱアート」の世界 コンプレックスを「得意」に変えた作者の人生

印刷
A
A
見る人によっては、懐かしい恋愛を思い出したり、コロナ禍でガマンしている映画館デートをまたできることを願ったり。さまざまな読み取り方ができるストーリーが1枚の葉っぱの上に広がる。「思い出の作品をキミともう一度」(写真提供:リト@葉っぱ切り絵)

ある日、極限まで細かさを追求して自信を持って投稿した作品への反応が薄く、自分の「すごいだろう」という自信が打ち砕かれるのを感じました。

そこから、自分の技術を見てもらおうとするのではなく、見てくれる人が幸せな気持ちになれる作品を作ろう、と考えを転換したのです。それに、技術だったらこれから葉っぱ切り絵を始めて僕の上をいく人も出てくるかもしれない。それ以外のところで勝負しなければ、という思いもありました。

初期の作品。「毎日の積み重ねが君を大きくする」(『葉っぱ切り絵コレクション いつでも君のそばにいる 小さなちいさな優しい世界』(講談社)より)

気づいたのは、リスやクマ、ウサギといった可愛い動物を登場させると、喜んでくれる人が多い、ということです。動物たちを登場させると、葉っぱの上に、どういうわけだか最初から考えていたわけではないストーリーが生まれ、見てくれた人がまたそこにストーリーを考えてくれる。

そのストーリーに「感動しました」「元気が出ました」「涙が出ました」というコメントがもらえるようになっていきました。これは、単に切り絵の技術を見てもらおう、と思っていたときにはなかった反応でした。

「才能」より「継続」

葉っぱ切り絵を始めた当初から決めていたのは「できる限り毎日投稿する」ということです。朝起きたら葉っぱを探しに行き、下絵を描き、2〜4時間かけて切り絵作業をする。毎日それを繰り返してきました。

『葉っぱ切り絵コレクション いつでも君のそばにいる 小さなちいさな優しい世界』(講談社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。

さらに、時間をかけるのは、じつは作品のタイトルつけです。できれば状況を説明してしまうタイトルではなく、見た人が、葉っぱの上の物語に想像を膨らませる余地を残したタイトルをつけたい。

なかなか思いつかなくて、2時間くらいかかる日もあります。ようやく思いついたタイトルをつけてSNSに投稿すると、深夜近くになってしまう日も。そして翌日になったらまた下絵描き……という繰り返しです。

何もないゼロだった僕が、今こうしてコンプレックスを「得意」に変えて仕事ができている理由。それは何よりも「才能」より「継続」なのだと思うのです。

(構成:下井香織)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT