不満や苦情解消、鉄道会社のSNS「ウマい使い方」

迅速な情報提供が命、工夫次第で効果は絶大

インターネット時代には、鉄道会社やその関係者が積極的に情報発信を行っている(編集部撮影)
この記事の画像を見る(3枚)

インターネットを通じて誰もが情報を発信できる時代にあって、鉄道事業者も自らホームページや、ツイッターなどを通じて情報を発信するようになった。それが、災害時の迅速な情報提供に大きな役割を果たしている。

積極的な情報発信が受験生を救った

「雪でクルマが止まったりするのが怖かった。無事(試験会場に)来られてよかった」

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

2021年1月16日、NHKのテレビニュースで受験生のインタビュー映像が映し出された。この日は大学入学共通テストの初日だ。これから試験を受けるという受験生は、まるで合格したかのような笑顔。それは「受験できる喜び」だろう。なにしろ前日まで、試験会場に到達できるか不安だっただろうから。

受験会場がある新潟県上越市は1月7日から5日間連続で大雪になった。新潟県内のJR在来線は7日から、えちごトキめき鉄道も積雪量の増加によって8日から全線運休となった。雪に強いはずの北陸新幹線も豪雪に抗えず9日から運休した。受験会場最寄りの高田駅付近は24時間降雪量103cmで、観測史上1位の記録を更新したという。

雪はやんでも積雪は残る。鉄道各社は11日から全力で除雪作業を実施した。いちはやく運行再開したい。期日は指示されない。全力を尽くすのみだ。しかし彼らの胸には「大学入学共通テストの16日までに」という思いがあったことだろう。ニュース映像の受験生はねぎらう言葉こそ語らなかったけれども、マスクの上の表情は明るかった。その笑顔こそねぎらいだったと思う。

ロマンチックに言えば、鉄道関係者の渾身の除雪によって、若者たちの未来へ続く道が切り拓かれた。

2021年1月7日からの大雪で、道路交通においては、関越自動車道、上信越自動車道、東海北陸自動車道、国道8号で大規模な立ち往生が発生し報じられた。一方、鉄道は長期運休となったものの、乗客、鉄道関係者について生命を脅かすほどの混乱はなかった。「平成30年(2018年)豪雪」の教訓で、積極的な情報発信が行われたためだ。

次ページツイッターで情報発信を続けた「JR東日本」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT