うつの人が自己啓発本を真に受けてはいけない訳

逆に自己嫌悪に陥ってしまっては意味がない

うつ病には、起き上がることも、食事の味を噛みしめることも、寝ることも、音楽を聞くことも、本を読むこともできないという絶不調期と、今の私がそうですが、本を書いたり、仕事をしたりできる、わりと元気な時期があります。躁転と鬱転を繰り返す双極性障害ではなくとも、おおむねこのサイクルを行き来するのがうつ病です。

アントニオ猪木氏の言葉に「元気があればなんでもできる」という言葉がありますが、これはうつ病患者にとっては最悪の形で実現してしまうことがあります。絶不調期だと、たとえ希死念慮があっても動くことができないので寝ているだけですが、元気が出てくるにつれて自殺の方法が具体化してしまい、なまじ動けるせいで既遂に至ってしまうというのはよく知られた話です。

せっかく回復期が訪れたのに、沈没しかけている自分の人生をどうにか好転させようと本を読んだり、セミナーに訪れたりした結果、自己嫌悪に陥ってしまっては何の意味もありません。

システムや戦略というより個人の労働量依存型

もうひとつ、「自己啓発本」「経営者本」「早起きセミナー」あたりがフィットする業種というのは、システムや戦略で差別化していくというよりは、個人の労働量依存度の高い、いわば人力で物事を解決するような事業が多いのです。例として挙げるなら、保険の代理店や、居酒屋や、テレアポ代行業のような、利幅の低い業種の経営がその類です。実際、私もセミナーに伺ったときにやたらと保険の営業を受けました。基本的に死にたいと思っている人間に生命保険を薦めてもどうしようもないと思うんですけどね。

こういった業種が悪いと言いたいわけではありません。むしろそこで勝ち残っている人々は、猛烈な競争の中で生き残っているとても優秀な人々と言えるでしょう。彼らのような業種で勝ち抜くためには、士気を高め、自己管理をピシッとパシッとして、全体的に仕事ができないと利益が出ないのです。

さて、病を抱えた人が彼らと同じように、仕事ができるでしょうか? 自己管理をピシッパシッとできるでしょうか? もしそうじゃなければ「自己啓発本」「経営者本」「早起きセミナー」あたりに出てくる経営者のマネはしないほうがいいです。彼らとは人生観、歩むべき人生が違うのです。

いわゆる「元気な人向けの自己啓発本」の類は、元気で前向きでポジティブな、いい感じに自分の役に立つところだけを抽出して使える人のために書かれたものなのです。

次ページうつの人の「思考が実現化」してもいいことはない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT