コロナ対策の優等生、台湾の高成長挫く2つの脅威

突然のコロナ感染急拡大に電力不足が追い打ち

台湾が新型コロナウイルス感染急拡大や渇水による電力不足の脅威に見舞われている。1-3月(第1四半期)に高い成長率を記録した台湾経済の腰折れにつながる可能性がある。

感染者が高止まりした場合、全面的なロックダウンも

台湾では今月初めゼロだったコロナの域内新規感染者がここ5日間だけで計1226人に急増。一部に講じていた制限措置が19日には全土に拡大された。学校は既に休校しているが、新たな規制では屋外でのマスク着用が義務付けられる。人が集まる際にも人数制限が設けられ、多くの公共施設も閉鎖される。

台北市内のコロナ検査入場前に検温する医療従事者(5月17日)

感染者が高止まりした場合、台湾は全面的なロックダウンを余儀なくされる恐れがあり、その影響は小売業から台湾経済の柱である輸出にまで及ぶ可能性がある。さらに、渇水で水力発電所の稼働率は低迷しており、世界最大級の半導体メーカーの拠点も含めて域内主要都市では停電も起きている。

次ページ台湾経済に追い打ちを掛ける電力不足
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT