宇宙一壊れた「マセラティ」にエールを送る理由

ビトゥルボ生誕40周年、危機を救った立役者

“宇宙一壊れる”などと揶揄されたビトゥルボであるが、確かに当たり外れがあったのは事実である。しかし、実際に長年、このビトゥルボを所有し、かつ多くの個体を見てきた筆者の経験として言えば、正しいメンテナンスさえ行っていれば、大きなトラブルに遭うことはさほど多くないのではないかと考える

つまり、ハイパワーの代償として、各部のマージンが少ないから定期的な点検とマメな部品交換を必要とするわけだ。外観はフツウだが、中身はなかなかに硬派なクルマである。このビトゥルボの系譜すべてがスーパーカーのカテゴリーに入るわけではないが、日常の取り扱いは“準スーパーカー”クラスの注意が必要ではあった。

しかし、日本市場におけるマセラティの存在感は、当初より群を抜いて高かった。その1つの理由は、当時のインポーターであるガレーヂ伊太利屋がとんでもなく力を入れたマーケティングを行ったことにある。日経新聞への全面広告や女性誌とのタイアップ広告などは、当時の輸入車としては類を見ない試みであった。

第2には、コンパクトなボディでありながらも、本革やきらびやかなウッド素材を惜しげもなく使った豪華なインテリアが、日本人の感性にマッチしたことにある。

「ビトゥルボ」のデザインが継承された「クアトロポルテⅣ」の豪華絢爛なインテリア(写真:MASERATI S.p.A.)

また、当時大人気であったF1のテクノロジーを彷彿させるツインターボの採用なども、スペック好きのマインドを捉えたであろう。

もちろん、第3の理由として、バブル景気による豊かな経済環境が、日本のビトゥルボ人気を大きく後押ししたことは間違いない。1980年代の終わりにビトゥルボのアメリカ輸出が中断して以来、日本市場の存在はどんどんと大きくなり、遂には日本が世界でいちばんマセラティを売る国となった。

危機を救ったビトゥルボにエールを

地道な改善活動により今や高い信頼性を得たマセラティであるが、このビトゥルボで構築された日本におけるマセラティのブランディングは今も継承されている。日本はマセラティにとって重要なマーケットであり続けているのだ

厳しい歴史的評価を受けているビトゥルボだが、この冒険的な試みがなかったならば、マセラティの歴史は途絶えていたかもしれない。危機的状況からブランドを救ったビトゥルボの生誕40周年にエールを送りたい。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT