図解・スポーツビジネスは成長産業《特集・スポーツビジネス徹底解明》

リーマンショック後の不況の傷跡が癒えない世界のビジネス界。そんな中、独り気を吐くのが世界のスポーツビジネス界である。

会計事務所プライスウォーターハウスクーパースによると、世界のスポーツビジネス市場(入場料、放映権料、スポンサー料、グッズ販売などの総計)の年間成長率は約6%で、2012年には約1410億ドルに達すると推計されている。スポーツビジネスは成長著しい産業なのだ。

その伸びを牽引するのが、五輪、ワールドカップ(W杯)の2大世界イベントと、欧州サッカー、メジャーリーグ(MLB)、アメフト(NFL)などのプロリーグである。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT