図解・スポーツビジネスは成長産業《特集・スポーツビジネス徹底解明》

リーマンショック後の不況の傷跡が癒えない世界のビジネス界。そんな中、独り気を吐くのが世界のスポーツビジネス界である。

会計事務所プライスウォーターハウスクーパースによると、世界のスポーツビジネス市場(入場料、放映権料、スポンサー料、グッズ販売などの総計)の年間成長率は約6%で、2012年には約1410億ドルに達すると推計されている。スポーツビジネスは成長著しい産業なのだ。

その伸びを牽引するのが、五輪、ワールドカップ(W杯)の2大世界イベントと、欧州サッカー、メジャーリーグ(MLB)、アメフト(NFL)などのプロリーグである。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。