図解・スポーツビジネスは成長産業《特集・スポーツビジネス徹底解明》


 日本の場合、プロスポーツ興行に絞ると、プロ野球、Jリーグ、相撲を足しても市場規模は2100億円程度にすぎない。ただ、スポーツ用品、スポーツ施設、公営ギャンブルなどを加えると、その規模は9兆円を超える。この計算に含まれていない、スポーツ関連メディア市場などを足すと、10兆円に迫る規模となる。

日本はスポーツを教育分野の「体育」と見なす傾向が強く、スポーツ界にはビジネス色が薄い。逆にいえば、日本のスポーツ界は、ビジネス界の手法や人材が十分に取り込まれていないだけに、マーケットの開拓余地が大きいともいえる。賛否両論があるものの、「スポーツのビジネス化」に日本はどう取り組んでいくのか。
 
 『週刊東洋経済』2010年5月15日号の特集「スポーツビジネス徹底解明」では、その最先端の動きを追った。
(週刊東洋経済編集部)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。