図解・スポーツビジネスは成長産業《特集・スポーツビジネス徹底解明》

印刷
A
A


 1984年のロサンゼルス五輪以降、五輪の商業化が急速に進展。放映権料・スポンサー料の上昇はとどまるところを知らない。北京五輪における国際オリンピック委員会(IOC)の収入は54・5億ドルにまで膨れ上がった。

W杯を主催する国際サッカー連盟(FIFA)も負けていない。98年より会長を務めるジョセフ・ブラッター氏によるグローバル化戦略が成功。06年ドイツW杯における収入は28・5億ドルに上り、今年の南アフリカW杯ではそれ以上の収入を稼ぎ出す見込みだ。

そして欧州のサッカー界も、放映権料高騰、外資の参入、株式上場、異分野からの人材流入などにより、かつてない盛り上がりを見せている。


関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT