NTTと富士通が次世代通信基盤開発で業務提携

オープンアーキテクチャーで世界の仲間集める

NTTと富士通は26日、次世代の通信ネットワーク基盤の開発で業務提携すると発表した。両社で今後開発する技術仕様を一般公開するオープンアーキテクチャーを進め、世界中のパートナーと連携し、低消費電力で高効率な新しいデジタル社会の実現を目指す。

発表資料によると、両社は光電融合製造技術の確立や光通信・モバイル通信技術のオープン化の推進、低消費電力型・高性能コンピューティングの実現に向けた共同研究開発を進める。

光電融合製造技術の確立に向けては、NTTのハードウエア製品開発子会社であるNTTエレクトロニクスが、富士通の子会社で半導体実装技術を持つ富士通アドバンストテクノロジの株式66.6%を取得し、6月1日付でNTTエレクトロニクスクロステクノロジとして事業を開始する。

一方、富士通は、NTTが提唱する光技術による通信基盤「IOWN(アイオン)」構想や第6世代(6G)通信技術の開発を目的に、4月から「IOWN/6Gプラットフォーム開発室」を新設し、研究開発の動きを本格化させている。

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

アイオンは米IT大手のインテルや日本のソニーグループなども賛同しており、光ファイバー1本当たりの情報伝送量が既存の125倍となる半面、消費電力を100分の1に抑える技術で、2030年の実用化を目指している。

NTTの澤田純最高経営責任者(CEO)は26日午後の会見で、「富士通は世界一のコンピューティング技術を持っている」とし、自社の通信技術など「両社の強みが生かせる分野で共同研究をまず進める」と述べ、「グローバルでオープンなイノベーション」を起こしたいと意気込みを語った。

著者:日向貴彦

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT