橋下徹「百貨店に協力金1日20万円はおかしい」

田村厚労相「資本支援をしていくしかない」

橋下徹は「一部業種に負担をかぶらせるのであれば、さすがに百貨店に対して協力金20万円はおかしい」と、ゲストの田村憲久厚労相を追求しました(写真:FNNプライムオンライン「日曜報道 THE PRIME」より)

3度目となる緊急事態宣言が4月25日から始まった。特に、対象の4都府県では酒類を提供する飲食店や大型商業施設などへの「休業要請」が実施される。休業要請にこたえると、大型商業施設の場合、1店舗あたり1日20万円の協力金が支給される。
「20万円」である。

三越伊勢丹ホールディングスも都内のデパート4店舗について、一部売り場を除く臨時休業に踏み切ったが、4店舗あわせた協力金は、1日わずか80万円の計算だ。デパート各社やショッピングセンターなど、商業施設の運営会社にとっては「焼け石に水」である。

「事実上、資本を注入したような形に」

25日放送のフジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」で、レギュラーコメンテーターの橋下徹氏は、「一部業種に負担をかぶらせるのであれば、さすがに百貨店に対して協力金20万円はおかしい」と、ゲストの田村憲久厚労相を追求した。

FNNプライムオンライン「日曜報道 THE PRIME」(運営:フジテレビ)の提供記事です

これに対して、田村厚労相は「資本支援」で対応する考えを明らかにした。
田村氏は、「事実上、返済期間を長くすることによって、資本注入に近いような形をとっているというようなことが一つ考えられると思う」、「人件費は、雇用調整助成金の特例措置で対応をしている。また、融資については『なかなかつらい』という話もあがっており、劣後ローン等の資本性のあるローン、事実上、資本を注入したような形にしていく」などと述べた。

田村氏は、雇用調整助成金の特例措置や「劣後ローン」などの資本支援で、難局を乗り切りたい考えだ。

次ページ番組内での発言内容
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT