アジアの足「トゥクトゥク」三浦半島で運転した

東南アジアの原風景、日本の景色になじむのか

東南アジアで一般的な交通手段「トゥクトゥク」は日本でも運転できる(写真:ホテル京急油壺観潮荘)

神奈川県内を中心に路線網を展開する京浜急行電鉄。鉄道事業だけでなく、京急グループとして京浜急行バスや京急ミュージアム、京急百貨店、京急ストア、京急油壺マリンパークといったさまざまな事業の展開を進めている企業でもある。

これまでも、京急は2階建てで屋根がないバスを三浦半島や横浜で運行するなど、鉄道以外でも話題を提供してきた。

その京急が経営する観音崎京急ホテルと、ホテル京急油壺観潮荘を起点として、とても珍しい乗り物に乗車できるプランがあると聞き、三浦半島を訪れた。

この記事の画像を見る(14枚)

電動キックボードの最高時速は自転車並み

観音崎京急ホテルは、京急電鉄馬堀海岸駅より、無料シャトルバスが運行されている。筆者は緊急事態宣言前の4月17日(土)~18日(日)にかけて宿泊した。全客室から東京湾が一望でき、湾を行きかう多数の船舶の姿も楽しめるので、乗り物ライターの筆者には興味深い景色だ。レストランの料理も地場の野菜や魚を使った料理が特に美味しい。バーベキューやドッグラン、ポニーへの乗馬体験(小学生以下)なども楽しむことができ、家族でもうれしいリゾートホテルだ。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

このホテルでは免許保持者だと「電動キックボード」(予約不要)と「トゥクトゥク」(要予約)を体験できる。まずは電動キックボードから。これはスケートボードにハンドルが付いた乗り物で、電動モーターにより公道を走行できる(原動機付き自転車の運転免許が必要)。

30分500円と手ごろなレンタル価格で、珍しい乗り物が楽しめるとあって、さっそく体験した。ヘルメットを借りて、ハンドルを持ち、電動キックボードに片足を置きながら地面を数回蹴ると、モーターが起動して走行開始だ。

最初は加速が大きくて驚くが、すぐに心地よいスピード感を感じて夢中になれる。最高速度は時速19kmとのことで、自転車並みだが、動力があるため三浦半島の坂道が多い地形でも、もろともしない。動力付きの電動キックボードに乗って進む感覚は、自転車ともスクーターとも異なり、景色の中に体を預けて進むような開放感がある。

次ページ運転中に注意すべき点は?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT