欧米のワクチン議論、今の焦点は「接種間隔」だ

「人数優先の1回接種」で効果を上げたイギリス

アメリカで、新型コロナワクチンの1回目と2回目接種期間をどの程度延ばすことができるかという議論が専門家の間で再び熱を帯びている(写真:David Paul Morris/Bloomberg)

北中西部で新型コロナウイルスの新規感染者数が急増し、第4波が予測されるアメリカ。専門家の間では2回目の接種をどこまで遅らせられるかについての議論が再び熱を帯びている。

1回目と2回目の接種の間隔を広げれば、完全とはいえないまでも、1回目の接種で部分的に免疫を獲得した人の数を増やすことができる。ただ一部の専門家からは、このような戦略は危険な変異株を新たに生み出すことにもなりかねないと懸念する声も出ている。

イギリスでは接種間隔は最大12週間

アメリカでは1回目と2回目の接種は3〜4週間の間隔で行われている。臨床試験(治験)でテスト済みの間隔だ。しかしイギリスでは、より短期間により多くの人々に1回目の接種を行う目的で、すでに接種間隔が最大12週間まで広げられている。

さらにカナダでは政府の諮問委員会が4月上旬、接種期間を最大4カ月まで延長するよう勧告した。ワクチンが希少品となっている中で、少しでも接種人数を底上げするためだ。

アメリカもこれに倣うべきだと考えている専門家は少なくない。ペンシルベニア大学ヘルスケア・トランスフォーメーション・インスティテュート共同所長のエゼキエル・エマニュエル医師は、今後数週間はワクチンの全量を1回目の接種に振り向けるべきだと提案した。

「これで第4波は十分に抑制できる。(感染が急増している北中西部の)ミシガン州やミネソタ州といった地域では特に(そうすべきだ)」とエマニュエル氏はインタビューで話した。同氏は8日、米紙「USAトゥデイ」に同僚と論説記事を寄稿し、こうした案を公にしている。

次ページ接種間隔を広げれば変異株が蔓延する?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT