半導体メーカーに水奪われた「台湾農家」の憂鬱

世界の半導体不足に「干ばつ」という新たな不安

TSMCによると、生産に対する干ばつの影響は今のところ出ていない。しかし半導体産業が成長する一方で、台湾の降雨パターンはこれまで以上に不安定化してきており、当局は水不足の回避に四苦八苦する状況が続いている。

台湾政府はここ何カ月と、雲の中に飛行機で化学物質を散布して人工的に雨を降らせる「クラウドシーディング」をダム上空で繰り返している。TSMCが本社を置く新竹市では海水の淡水化施設を建設。比較的降水量が多い北部から同市に水を運ぶパイプラインも敷設した。

産業界にも節水が命じられた。水圧が下げられ、週に2日間の給水停止措置が始まった地域もある。TSMCなどの一部企業は、他の地域からトラックで水を運び入れる対応に踏み出している。

皮肉を通り越して悲劇

中でも大規模に進められている対策が灌漑の停止だ。その影響は18万3000エーカー、台湾で灌漑が行われている農地面積のおよそ5分の1に及ぶ。

「TSMCのような半導体企業で働いている人にとっては痛くもかゆくもないだろう」。新竹市でコメ農家を営む田守喜さん(63)は、そんな不満を口にする。「私ら農家は普通の生活を望んでいるだけなのに」。

台湾水利局の王藝峰副局長はインタビューで政府の対策を擁護。今回の干ばつは極めて深刻で、仮に灌漑が利用可能だったとしても収穫量は大幅に減っていたはずだと語った。限られた水を工場や家庭ではなく農地に配分すれば「共倒れ」になるという理屈だ。

先進国・地域の中でも屈指の降水量を誇る台湾で水不足が起こるとは、皮肉を通り越して悲劇に近い。

台湾の住民が使う水の多くは、夏の台風の降雨によってもたらされる。ところが台風に削られた山の土砂がダムに流入・蓄積し、ダムの貯水能力は徐々に失われていっている。

次ページTSMCは水のリサイクルを行っていると言うが…
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT